顔のたるみの原因や対策とは!?【知っておきたい基礎知識】

見た目年齢を左右するのが、たるみです。
深いほうれい線や目の下のたるみがあると、老けた印象を与えてしまいますね

老け顔の原因たるみ対策は重要

年齢を重ねるとヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンが生成されなくなり減少してしまいます。
これがお肌のハリをなくし、たるみを起こす原因です。

放っておくと、たるみは加速してしまいます。
老けて見られたくなければ、対策をしなければなりません。

表情筋を鍛えるためには、フェイスマッサージやエクササイズがおすすめです。
筋肉が痩せないように対策をすると、ハリのある表情になれます。

お肌にダメージを与える大きな原因となるのが紫外線です。
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成する真皮にまで紫外線が届いてしまうと、たるみの原因となります。
紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。
家の中でも窓ガラスなどから、紫外線は受けてしまうので注意してください。

そしてエイジングケアができるコスメやサプリを利用するのも、たるみ対策になります。
たるみの原因となる美容成分を補うために、質の良いコラーゲンを配合したコスメ、コラーゲンの生成を助ける成分を配合したコスメなどがおすすめです。
またコラーゲンドリンクなど、手軽にアンチエイジング成分を摂れるサプリを取り入れるのも良いでしょう。

シワやたるみの原因は紫外線

嫌なたるみやシワの原因になるのが乾燥です。
肌の水分量が減少すると、弾力がなくなりハリがなくなってしまいます。
新鮮なみかんはみずみずしいですよね。
しかし古くなると水分が減り、皮はしわしわになり色もくすんできます。
果実もパサパサして、おいしくはありません。

お肌も同じです。
水分がなくなり乾燥すると、たるみやシワが起こり衰えてしまいます。
くっきりほうれい線、目の下のたるみなどが目立ち、老けて見らることになります。
老け顔の原因になる乾燥を防止して、内側からふっくらハリのあるお肌を目指しましょう。

お肌が乾燥する原因はいくつもありますが、まず紫外線があげられます。
シワやたるみを防止したいなら、UVケアは通年で念入りに行いましょう。

日焼け止めは朝出かける前につければOKではありません。
こまめな塗り直しが必要です。
顔はメイクをしていても使えるスプレータイプの日焼け止めを使ったり、UV効果のあるパウダーでお化粧直しをするのが良いでしょう。

また屋内にいるからとUVケアをしないのは、たるみやシワの原因になります。
屋内でも窓やベランダから、紫外線は入ってくるためです。
「今日は外出しないから大丈夫」と思わず、いつでっもUVケアはしておくのがおすすめです。

たるみケアはコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が重要

お肌の弾力に関係しているのが、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸です。
表皮の下にある真皮という部分にあり、コラーゲンとエラスチンのすきまをヒアルロン酸が埋めている形です。
加齢やバリア機能の低下などにより3つの成分が減少してしまうと、弾力がなくなりたるみが起きてしまいます。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は三位一体ともいえますから、どれか一つが欠けてもダメですし、一つだけ多くてもダメです。
化粧品やサプリなどでたるみケアをするときは、3つすべての成分を同時に補うのが効果的です。
「コラーゲン配合の化粧品を使っているのに効果がない」という場合は、エラスチンやヒアルロン酸も補うことを考えると良いでしょう。

レチノール(ビタミンA)はたるみに効果的

アンチエイジング用の化粧品に、よく使われているのがレチノールです。
レチノールはビタミンAの一種で、もともと皮膚科でニキビ治療薬などとして処方されていました。
しかしヒアルロン酸やコラーゲンの生成を助ける作用がありたるみやシワに効果が高いことから、コスメにも配合されるようになりました。

レチノールはビタミンAとして、もともと体内にある成分です。
肌になじみは良いのですが、副作用が起きやすいともいわれています。
ただ化粧品に配合されているのは、刺激が少ないパルミチン酸レチノール。
医師が処方するトレチノイン酸のように刺激が強くないので、強い副作用は起きにくいでしょう。
たるみが気になるなら、レチノール配合の化粧品はおすすめです。

注意!むくみ解消マッサージがたるみの原因に?

朝起きたら顔のむくみがひどい…。
こんな経験をしたことがある女性は多いのではないでしょうか。
むくみは放っておくと、たるみにつながるので注意が必要です。

むくみはリンパの流れや代謝が悪くなるのが原因です。
老廃物が肌にたまってしまい老化がすすみ、たるみにつながるのです。

むくみの解消には、マッサージが効果的です。
リンパを流すマッサージを行ってみましょう。
かっさを使うのもおすすめです。

ただクリームなどで肌の滑りをよくしてマッサージをしないと、シワやたるみの原因となるので注意です。
マッサージにより皮膚が無理に引っ張られてしまうのは、大きな刺激になります。
優しく力を入れすぎず、マッサージをするようにしてください。

たるみに効く「咀嚼」でフェイスラインをすっきりさせよう

フェイスラインがぼんやりしてきたのは、たるみが原因です。
カンタンにできる顔のたるみ解消方法が、「咀嚼」です。

たくさん噛むことで顎の筋肉が鍛えられ、シワができにくくなります。
また表情筋も鍛えられますので、たるみの解消につながるのです。
咀嚼をするだけでフェイスラインがすっきりするのは嬉しいですね。
柔らかいものばかり好むのではなく、噛み応えのあるものを選ぶことで自然とエクササイズができてしまいますよ。

ただ、咀嚼をするときには注意点があります。
ただただ噛むのではなく、左右バランスよく咀嚼する必要があります。
左右どちらか一方だけ噛む回数が多くなると、顔が歪むなどの弊害が出てきてしまいますので気を付けましょう。

たるみの原因は食事?老化させる食べ物に注意

アンチエイジングはコスメなど、外側だけのケアでは限界があります。
食事を見直すことも、たるみやシワなどの老化を防止する方法です。

たるみをひきおこしやすいののは、体を酸化させる食べ物です。
新陳代謝が悪くなり、老化を加速させやすくなります。

酸化させる食べ物と言われているのが、揚げ物、スナック菓子、ファーストフードなどです。
砂糖が入った甘いジュース、アルコールなども良くありません。
食事はコンビニ弁当や外食で済ませている人は危険です。
今はそれほど気にならなくても、近いうちにたるみに悩まされる可能性大です。

積極的に食事に取り入れたいのは、野菜、フルーツ、発酵食品、ナッツ類などです。
栄養バランスを考えた食事を心がけることが、アンチエイジングにつながります。

マッサージで悪化?たるみ対策は間違いのないように

顔のたるみが気になり、リフトアップマッサージで対策をしている女性もいるでしょう。
マッサージは結構やリンパの流れが良くなり、アンチエイジングには効果的ではあります。
しかしやり方に間違いがあると、逆効果になるので注意しましょう。

よくある間違いが、力の入れすぎです。
マッサージはクリームなどで滑りを良くして、なでるように行います。
力を入れすぎると摩擦となり、シワやたるみが起きやすくなります。
また皮膚繊維を壊してしまう可能性もあります。

そしてマッサージクリームの選び方に、間違いがあるケースも少なくはありません。
肌に浸透しやすいクリームだと、滑りが悪くなってしまいます。
マッサージ専用のクリームを使用するのが、正しいエイジング対策になります。