【知っておきたい】毛穴トラブルの“原因”や“対策”とは?

透明感のあるお肌になりたいのに、毛穴が邪魔をする…と思っている女性は多いのではないでしょうか。
ファンデーションで隠そうとしても、毛穴ってなかなかカバーできないんですよね。

黒ずみや開きなどの毛穴トラブルは、年齢を問わずに起きやすいものです。
そのままにしていると、悪化するだけです。
早めに対処をするようにしましょう。

原因により違う黒ずみや開き毛穴のケア方法

毛穴のケアは、自分に合った方法を用いることが大切です。
毛穴の黒ずみの原因が、汚れや角栓のつまりだと毛穴の掃除をしなければなりません。
酵素洗顔などタンパク質を溶かす、クレイなどで毛穴のつまりを吸着して取り除くといったケアがおすすめです。
メラニンによるシミになった黒ずみ毛穴は、美白ケアが必要となります。
ハイドロキノンは美白効果が高いです。
ビタミンC誘導体は美白だけでなく、毛穴を引き締める効果もあります。

また毛穴の開きが加齢によるたるみであれば、エイジングケアをしましょう。
お肌のハリや潤いを与えるコラーゲン、エラスチン、セラミドなどが含まれる化粧品がおすすめになります。
コラーゲンをサポートするレチノールなども、たるみによる毛穴の開きには良いでしょう。

間違ったケアは、黒ずみも開きも悪化させることがありますので注意をしてください。

体に比べて顔の毛穴が目立ちやすい原因は?

体にくらべると、顔の毛穴って目立ちやすいですよね。
顔の毛穴が気になりやすいのは、いくつか原因があります。

・毛穴が詰まりやすい
顔は体よりも、毛穴が小さいのに皮脂が多いのが特徴です。
そのため毛穴に皮脂が詰まりやすいんですね。
女性はメイクをしますので、メイクが毛穴に詰まりやすいということもあります。
毛穴に詰まった皮脂やメイクが角栓となり、空気に触れると酸化して黒ずみとなってしまいます。
クレンジングでしっかりメイクを、洗顔で汚れを落とすことが、毛穴の目立ちを防止する方法になります。

・ダメージを受けやすい
体の中で、ダメージを受けやすいのが顔です。
体は服を着ているので、紫外線やほこりなどの汚れからお肌を守ることができます。
顔は常に外気にさらされているので、紫外線などの影響を受けてしまうんですね。
ずっとマスクをつけて出歩くわけにもいきませんしね。

・過剰にスキンケアをしがち
顔は人目にさらされるので、服で隠れている体よりも気になりがちです。
しっかりケアをしなくてはという思いが、やりすぎにつながっていることがあります。
洗いすぎやこすりすぎなどのダメージにより、顔の毛穴が開いたり詰まったりすることも多いのです。

詰まり毛穴とたるみ毛穴のケア方法

詰まり毛穴とたるみ毛穴は、よくあるお肌の悩みです。
同じ毛穴のトラブルではありますが、ケアの方法は異なります。

詰まり毛穴は、毛穴に古い角質や皮脂、汚れなどがたまっている状態です。
ごしごしと洗ってきれいにしようとする人がいるのですが、毛穴の中まで洗うことはできません。
タンパク質を溶かす酵素洗顔などで、角質を溶かしながら取り除けるケアがおすすめです。

たるみ毛穴は加齢によるもので、お肌のハリやうるおいが失われているのが原因です。
エイジングケアをして、お肌の内側からふっくらとさせることで毛穴を目立たせなくすることができます。
保湿ケアをしっかり行ない、ハリをアップさせる効果のある美容液などを使用するのがおすすめです。

詰まり毛穴におすすめはピーリングより酵素洗顔?

黒ずみ毛穴や詰まり毛穴には、ピーリングが効果的と言われています。
しかし刺激が強すぎるため、頻繁に行うのはおすすめしません。
角質ケアはできるのですが、皮膚の表面を削りとっているような感じですのでお肌を傷めやすいのです。
ピーリングはスペシャルケアとして、たまに取り入れるのが良いでしょう。

洗顔で詰まり毛穴をケアしたいなら、酵素洗顔がおすすめです。
毛穴に詰まった角栓はタンパク質です。
酵素はタンパク質を溶かす作用があるので、酵素洗顔を続けることで頑固な毛穴の詰まりも解消できるでしょう。
また角質ケアもできますので、詰まり毛穴を予防する作用もあります。

酵素洗顔は個包装がおすすめです。
いつでも新鮮に使えるので、毛穴ケア効果を感じやすいです。

詰まり毛穴にはクレイマスクがおすすめ

洗顔だけで改善できない詰まり毛穴は、パックをするのが効果的です。
おすすめなのは、クレイマスクのパックです。
天然のミネラル含んだ泥が毛穴に詰まった角質、皮脂、汚れなどを吸着し、取り除いてくれます。
クレイマスクなら、無理なく毛穴のお掃除ができてしまいます。

おすすめしないのは、はがすタイプの毛穴パックです。
小鼻の黒ずみ毛穴や詰まり毛穴によく使われていますね。
はがすタイプの毛穴パックは、毛穴の角栓がキレイにとれるような気がします。
しかし無理やり角栓を引っ張り、毛穴がぽっかり開いたままになりがちです。
毛穴が大きくなってしまい、また角栓が詰まる…という悪循環に陥ってしまうんですね。
また肌に負担がかかりやすく傷めやすいので、美肌のためには利用を控えるべきでしょう。

たるみ毛穴予防は20代からしておこう

20代はまだ若いと思いがちですが、お肌の衰えは始まっています。
20代後半になると、たるみ毛穴が気になってきた…という女性も多いです。
まだ早いと思わず、早めに予防をするようにしてください。

たるみ毛穴の予防方法となるのが、紫外線対策です。
日常的な紫外線ケアを20代からしておくようにしましょう。
紫外線はお肌のコラーゲンやエラスチンを破壊するため、ハリがなくなる原因になります。
また活性酵素を発生させるため、肌の乾燥や老化を早める作用もあります。
紫外線を受けることで肌の衰えが加速し、たるみ毛穴が起きやすくなるのです。

日焼け止めは夏だけでなく、1年中使うのがおすすめです。
そして家の中でも紫外線は浴びてしまいますので、外出しない日でも紫外線対策はしておきましょう。

たるみ毛穴に効果的なのはレチノールとビタミンC誘導体

お肌のコラーゲンが減るとハリが失われ、たるみ毛穴が目立ってしまいます。
それならコラーゲンを補うのが効果的と思いますよね。
しかしコラーゲン自体よりも、コラーゲンをサポートする成分が配合された化粧品がおすすめです。

代表的な成分となるのがレチノールです。
皮膚科でもたるみ毛穴にはレチノールをおすすめしているくらい、アンチエイジングには効果的な成分です。
それからビタミンC誘導体も、コラーゲンを助ける作用があります。
肌の新陳代謝をよくしたり美白をしたりする効果もあり、コスメにはよく使われている成分です。

ビタミンC誘導体入りのローションや美容液を使い、レチノール配合のクリームを使うと、たるみ毛穴のケアがしやすいでしょう。

汚肌の原因は食事?!毛穴ケアに良い食べ物は?

毎日の口にしている食べ物が、お肌に影響を与えていることがあります。
毛穴ケアをしているのにあまり改善されない…というときは、食生活に問題があるのかもしれません。

美肌効果が高いのは、ビタミンAが多い食べ物です。
ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、ピーマンなどの緑黄色野菜に多く含まれており、お肌に潤いを与える効果があります。
ビタミンAを含むバター炒めで食べると、より効果的と言われています。
ぜひ食事に取り入れてみてくださいね。

毛穴ケアに良くないのは刺激物。
食事のときにコーヒーやアルコールを必ず飲むという人もいるかと思いますが、お肌にはよくありません。
食事と一緒に摂るなら、水やお茶などがおすすめです。
またタバコも肌を老化させるので、控えるのが良いでしょう。