“保湿のしすぎ”には要注意?【知っておきたいスキンケア】

乾燥はお肌の大敵です。
保湿はスキンケアの基本ですよね。

乾燥がすすむとシワやたるみなど、お肌のトラブルを引き起こす原因になってしまいます。
30代以上の女性は、保湿ケアに重点を置いているのではないでしょうか。

乾燥肌を作ってる?保湿のしすぎに注意

しかし保湿のしすぎは注意が必要です。
保湿のしすぎは、肌の機能を低下させてしまう可能性があるためです。

肌には本来自分で潤う力がありますが、保湿剤で保湿されると皮脂を出して潤わせる必要がなくなります。
皮脂量の分泌が減ると、乾燥してしまいます。
良かれと思って保湿をしたのに、たるみなどのトラブルにつながるので注意しなければならないのです。

また保湿クリームの塗る量にも、注意が必要です。
べたべたと塗りすぎると、毛穴が塞がれてしまいます。
ニキビができやすくなる、毛穴が開いたままになってしまう、肌がかゆくなるなどのトラブルが起きやすくなります。
皮膚炎になってしまい、病院で治療をしなければならないほどになることもあるので注意してください。

保湿はしすぎてもダメ。
適度に行うのが良いでしょう。

保湿クリームを重ね付けしていたり、保湿力クリームを厚く塗ったりしている人は注意です。
もしかして保湿のしすぎで、乾燥肌を作っているかもしれません。

保湿効果を得るには水分補給+油分で

お肌の保湿をするために、化粧水や乳液やクリームなどの基礎化粧品を使うかと思います。
保湿力の高い化粧水を使えば保湿効果があるので、乳液やクリームはいらないと思っている人もいるようです。

しかし化粧水に、保湿効果はありません。
化粧水はお肌に水分を補給するものです。
ここで終了してしまうと、水分は蒸発して乾燥してしまいます。
保湿効果を得るには水分を閉じこめ、逃げないようにすることが大切です。

水分を閉じこめる効果があるのが、乳液やクリームです。
油分で肌に膜を作ることで、肌に水分をとどめておくことができるのです。
また油分は外からの刺激から守る作用もあります。
肌を守ることもできるわけですね。

では化粧水をつけずに、いきなり乳液やクリームをつければ、保湿効果があるのでは?と感じるかもしれません。
乳液やクリームだけで良ければ、ケアの過程を減らせますし、化粧水を買うコストもカットできますね。

ところが水分が補給されていないお肌に、油分で膜をはっても保湿効果は得られません。
乾燥したお肌に乳液やクリームだけを塗っても、水分がないわけですから保湿効果は期待できないのです。
必ず化粧水+乳液やクリームでケアをするようにしましょう。

乾燥肌の正しい保湿剤の選び方

乾燥肌は、肌のバリア機能が弱っていることがほとんどです。
保湿をするさいは、お肌に優しいものを使用するのがおすすめです。

バリア機能が正常に働いていれば、少しくらいの刺激は跳ね返すことができます。
乾燥肌は刺激に弱い状態ですから、刺激が強い保湿剤を使うと肌には良いはずがありません。

そしてお肌に合う保湿剤を使用することも大切です。
肌に合わない成分が入っていると、保湿力が高くても肌に負担がかかってしまいます。
かゆみ、赤み、ひりひり感などのトラブルが起り、乾燥肌が悪化してしまうこともあります。
評判が良い保湿剤でも、自分には合わない可能性はあります。
肌質はいろいろありますから、サンプルなどで試してから本品を購入するのがおすすめです。

配合成分に注意!敏感肌におすすめの保湿剤は?

若いときは普通肌だったのに、30代を超えたあたりから敏感肌になる女性は多いようです。
年齢を重ねると、お肌の水分量が減ります。
お肌が乾燥するとバリア機能が低下して、敏感肌になりやすいのです。
乾燥が敏感肌の原因でもありますから、保湿をすることは大切です。

敏感肌になると、合う保湿剤がなかなか見つからない…という声もあります。
敏感肌におすすめなのは、エタノール(アルコール)不使用の保湿剤です。
アルコールは乾燥しやすくしますし、刺激もありますので敏感肌には向いていません。
そして香料、着色料、防腐剤など、肌に負担となる添加物が使われていない保湿剤がおすすめです。
配合量が少量なら問題ない場合もありますが、配合成分に注意をして保湿剤選びをしてみてください。

顔にも使える!おすすめプチプラの保湿クリーム

顔にも使える保湿クリーム、プチプラだとたっぷり使ってももったいなくなですよね。

プチプラだけど保湿力が高い、おすすめのクリームといえばニベアの青缶。
歴史のあるベストセラー商品ですが、近年また注目されています。
高級クリームとほとんど変わらない成分でできているのに、プチプラで優秀ということで大人気です。

洗顔後に化粧水で水分補給をして、ニベアをつけて水分を閉じこめます。
基本的なケアはこれでOKです。

そしてニベアでの保湿パックもおすすめです。
洗顔後に化粧水をつけて、顔全体にニベアを厚めに塗ります。
10分~15分くらいそのままにして、あとは水かぬるま湯で洗い流します。
カンタンな方法で保湿ができるのでおすすめです。

手の保湿におすすめグッズ

手が乾燥すると、見た目が良くないですよね。
キレイにネイルをしても、指先にひび割れがあったり、手の甲がガサガサしていては映えません。

手の乾燥ケアには、ハンドクリームが有効的です。
1日に1回ではなく、何度も塗りなおすのがおすすめです。
手は常に使っている部分なので、保湿ケアをしてもすぐに乾燥しやすいんですね。
こまめに塗りなおすと良いでしょう。

そして寝る前にハンドクリームを塗ったら、手袋をするのもおすすめです。
保湿性が高いシルクや綿素材の手袋をつけることで、寝ている間に手の保湿ケアができてしまいます。
シルクは価格が高めですが、綿手袋なら100円ショップでも売っています。
手の保湿ケアに、手袋を取り入れてみてくださいね。

高保湿成分といえばセラミド

ヒアルロン酸、コラーゲンなど、保湿効果が期待できる成分はいくつかあります。
中でも効果が高い保湿成分と言われるのが、セラミドです。

セラミドはもともとお肌にある成分です。
角質層にある角質細胞間脂質は、お肌の水分蒸発を防止し、保水力があります。
角質細胞間脂質にあるのがセラミドです。
セラミドが減ると乾燥しやすくなってしまいますので、セラミド配合の化粧品は保湿ケアには有効的となるでしょう。

ただセラミド配合といっても、プチプラの化粧品などでは配合量が少ない化粧品もあります。
またセラミドではなく、セラミドに似た成分が使われている場合もあります。
保湿ケアには、正真正銘のセラミドを高配合している化粧品がおすすめです。

オールイワンはちゃんと保湿できるの?

オールインワン化粧品は、化粧水、乳液、クリーム、美容液などの機能が詰まってます。
お手入れが一つで済むので、ケアの時短ができますし、コスパも高いです。

ただオールイワンって、保湿力が足りない…といった声もよくあります。
ひとつでちゃんと保湿できるのか心配なので、あまり好きではないという女性もいるようです。

オールインワンは、保湿力の高いものもあります。
一つで十分保湿できると言っても良いでしょう。
セラミドなどが配合されているオールインワンは、保湿力が高くおすすめです。

オールインワンだけでは不安な人は、オールインの前に化粧水をプラスしたり、オールインワンの後に美容液やクリームをプラスしても良いでしょう。
アイテムをプラスすることで、保湿力が高まります。