ニキビの原因や対策方法とは!?【知っておきたい基礎知識】

鏡を見てニキビが増えていると、がっかりしてしまいますよね。
見た目も良くありませんし、治ってもシミやクレーターになりニキビ跡が残ってしまうこともあります。

ニキビの原因となる毛穴の詰まり対策は重要

ニキビができる原因は、毛穴の詰まりです。
皮脂や老廃物が詰まると、毛穴は炎症を起こしてしまいます。
ひどくなると化膿してしまい、痛みを伴うこともあります。
特に皮脂の分泌が多いおでこや鼻のTゾーンは、ニキビができやすいです。

ニキビ対策は、原因となる毛穴が詰まらないようにすることです。
余分な汚れや皮脂が残ってしまうと、毛穴に詰まってしまいます。
メイクはしっかり落とし、洗顔を丁寧に行うのがニキビ対策となるでしょう。

しかし洗浄力が高いクレンジング剤や洗顔料を使うのが、良い対策になるわけではありません。
洗いすぎるとお肌は乾燥してしまいます。
お肌を潤わせようとして、皮脂が過剰に分泌をしてしまいます。
出すぎた皮脂が毛穴を詰まらせると、ニキビの原因となってしまいます。
潤いを残し、不要な皮脂や汚れを洗い流せるような、刺激が少ないクレンジング剤や洗顔料を選ぶことが、ニキビ対策になります。

またクレンジング剤や洗顔料の成分が残っていると、毛穴につまりニキビの原因になります。
しっかりすすぐのも、ニキビ対策になるのです。

乾燥肌にできやすい大人ニキビ

ニキビは皮脂が多いオイリー肌にできやすいイメージがあります。
しかし大人ニキビは、乾燥肌のほうができやすいです。
大人ニキビが皮脂分泌量が少ないフェイスラインにできやすいのは、乾燥しやすい部分だからと言えます。

水分量が少ない乾燥肌は、肌のバリア機能が低下している状態です。
健康なお肌は水分と皮脂量のバランスが保たれています。
乾燥が進むと潤いを出して肌の表面を守ろうと、皮脂が過剰に分泌されるようになります。
余分に分泌された皮脂は角栓となり、毛穴に詰まってしまいます。
毛穴が炎症を起こし、大人ニキビとなってしまうのです。

潤いを与えて乾燥肌を改善することが、大人ニキビをできにくくする方法になります。
ニキビ用のコスメはアルコールが配合された、さっぱりタイプが多いです。
思春期ニキビには良いのですが、乾燥肌が原因の大人ニキビには向いてません。
アルコールは肌を乾燥させやすく、さらに乾燥肌を悪化させてしまう可能性があります。

大人ニキビはアルコールフリーで、保湿力があるコスメを選びましょう。
お肌の再生を促すビタミンC誘導体が配合されているコスメもおすすめです。
ニキビ用だからと大人ニキビにも効果的とは限らないので、注意をしてください。

ニキビの原因はストレスだった?!

ニキビは生活習慣により、悪化することがあります。
睡眠不足、食生活なども原因ですが、ストレスも大きく影響しています。

ストレスを受けると、自律神経のバランスが乱れます
自律神経が乱れると肌のバリア機能が低下し、ターンオーバーがうまくできなくなります。
結果、毛穴が詰まり、ニキビができる原因となるのです。

ストレスが多い世の中ですから、ノンストレスで生活をするのは至難の業でしょう。
ストレスを上手に解消できる方法を見つけることが大切です。
好きな音楽を聞く、軽い運動をするなどで、ストレスをためず自律神経が乱れにくい生活を心がけることがニキビ対策になります。

ストレスは心身に良くない影響を与えるものですが、お肌にも大敵なのです。

大人ニキビと10代の思春期ニキビの違い

ニキビといっても、10代の思春期ニキビと大人ニキビには違いがあります。

まずニキビができる場所です。
10代はおでこ、鼻などTゾーンにできやすく、大人ニキビは頬、口周り、顎などUゾーンにできやすくなります。

10代のニキビは皮脂の分泌が盛んなため、毛穴が詰まりやすくなります。
もともと皮脂が多い部分は、ニキビができやすくなってしまうんですね。

大人ニキビは乾燥が原因とされています。
乾燥のために皮脂が出すぎたり、ターンオーバーが乱れて、毛穴が詰まりニキビとなってしまうのです。

原因に違いがあるので、それぞれに合ったニキビケアをしなければなりません。
10代のニキビは皮脂を抑えるケア、大人ニキビは乾燥を改善するケアが必要となります。

何時間眠ればよい?睡眠不足はニキビの原因

睡眠不足は美肌の大敵で、ニキビができやすくなる原因にもなります。
睡眠中は成長ホルモンが出やすく、お肌の細胞も再生されやすい時間です。
しっかりと睡眠時間を確保しないとお肌のメンテナンスが十分に行われず、ニキビもできやすくなるのです。
毎日最低でも6時間は寝るのがおすすめです。

ただ睡眠時間を長くすればよいわけではありません。
睡眠不足ではないはずなのに、「眠い」「だるい」と感じることはありませんか?
原因は、眠りの深さにあります。
熟睡をしていないと睡眠時間が長くても、すっきりしないと感じてしまうんですね。

眠りが浅いと、成長ホルモンの分泌量が減るともいわれています。
ニキビがない美肌を目指すには、眠りの質も重要になるのです。

ニキビの原因かも?間違った洗顔方法に注意

ニキビができないようにお肌の汚れや雑菌を取ろうとして、間違った洗顔をしているケースがありますので注意をしましょう。

ニキビ対策はお肌を清潔に保つことが必要なのですが、洗顔のしすぎは良くありません。
洗いすぎはお肌の乾燥を招き、ニキビができやくなってしまいます。
朝と夜、2回洗顔すれば十分です。

そして力を入れて、お肌をこする洗顔方法もNGなので注意してください。
摩擦が刺激となってしまい、お肌のバリア機能を低下させてしまいます。
乾燥もしやすくなりますので、優しく洗うようにしましょう。
ごしごしと力を入れなくても、汚れは落とせますよ。

洗顔をしたらすぐに化粧水、乳液、クリームなどで、しっかり保湿ケアをしてくださいね。

ニキビに有効的な成分はビタミンC

ニキビに有効的な成分がビタミンCです。
ビタミンCには、お肌のターンオーバーをサポートする作用があります。
また抗酸化作用が高く、炎症や老化の原因となる活性酵素にアプローチをします。
美白効果もありますので、ニキビ跡にもおすすめ。
ニキビ肌には、積極的に摂りたい成分です。

ビタミンCは果物や緑黄色野菜などの、食事から摂取できます。
しかし食事だけで補うのは大変。
毎日たくさんの果物や野菜を食べるのは難しいですよね。
ビタミンCサプリを取り入れるのもひとつの方法です。

そしてビタミンをお肌に浸透しやすくした成分、ビタミンC誘導体配合のコスメで外側からケアをする方法もあります。
ビタミンC誘導体配合の美容液などで、ニキビケアをするのはおすすめですよ。

原因は食事?ニキビに良い食べ物・悪い食べ物

ニキビができやすいのは、食事に原因がある可能性もあります。
カフェイン、香辛料などの刺激が強い食べ物はニキビには良くないとされており、控えるのが良いでしょう。

ニキビ改善に積極的に摂りたいのが、ビタミンB2やビタミンB6です。
ビタミンB2は海藻、緑黄色野菜、チーズ、納豆などに多く含まれています。
ビタミンB6は牛乳、キャベツ、魚、レバー、卵黄、米ぬかなどに多く含まれています。
美肌のために、毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

ニキビに良くない食べ物として、よくチョコレートがあげられます。
チョコレートの原材料となるカカオは、ニキビには直接悪影響はないと思われます。
ただ糖分が多いので、食べ過ぎには注意です!