MENU

敏感肌と食べ物の関係は?

米肌 化粧水を試す前に、肌についての勉強をしていきましょう^^
今回は敏感肌に良い食べ物と良くない食べ物についてです。

 

 

是非参考になさってくださいね。

 

 

日本人は比較的肌トラブルのない民族だといわれて言われています。
それは日本人の食生活が起因しているんですね。
栄養のバランスの優れた和食と、粗食の文化のおかげなんですね。

 

 

しかし、近年肌が荒れてしまう日本人が増加しています。
その大きな要因となるのが、食生活が欧米化しからだと言われているんですね。

 

乾燥などからくる敏感肌は、体内の問題の影響が多いです、
肌に気をつける化粧品選びも重要ですが、食べ物について考えることも必要なんですね。

 

 

敏感肌にとって悪い食べ物

 

 

脂質の多い肉やパスタなどは、美味しいのでついつい食べ過ぎてしまいますね。

 

これらのような食材は栄養バランスがとりにくいともされています。
肌の栄養素を不足させてしまうリスクがあります。

 

ライ麦や小麦などに含まれる「グルテン」というたんぱく質の一種の成分は、
アレルギーの危険性もあります。

 

 

これは米国の健康誌などでも、取り上げられていることです。
そこで、今ではグルテンを配合していない食品なども、多く出回っているそうですね。

 

この冷たい食べ物は血行を低下させる

 

肌の代謝が悪くなる原因として、体が冷えて血行が悪くなってしまうというものがありますね。

 

 

栄養素などが届きづらくなり、感想肌に悩まされている方など、
さらに悪化してしまう可能性があります。

 

 

冷えた食べ物は「生野菜をたっぷり使ったサラダ」などがありますが、
その他にも「きんきんに冷えた飲み物」も血行を悪くしてしまう原因になるので、
食べすぎには注意してくださいね。

 

 

ビタミンを積極的にとりましょう!

 

肌を理想的な状態に保つためには、ビタミンの摂取が必要となります。

 

 

ビタミンは肌を守る作用があるので、粘膜や皮膚などを精製するだけでなく、
肌が傷ついた状態を助けるコラーゲンの生成と、ビタミンAをサポートしながら老化を防ぐビタミンCです。

 

 

ビタミンをとるには、「ゆでたブロッコリー」などが効果的です。
是非食生活を改善し、体の内側からスキンケアに挑戦してくださいね。

 

 

>>オススメスキンケア『米肌』が市販で販売されているかチェック!